CH2次創作サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの一件から数日がたち、俺たちの仲は自然と周囲の奴らに知れ渡る事となった。

・・・まぁ、こんだけ俺の態度が変わりゃぁ、誰でも気づくか・・・

ベランダで、コーヒー片手に煙草をふかしながら、ぼんやりと空を見上げる。


あの夜、アパートに帰ってきた俺たちは、6年という焦れったい歳月をようやく乗り越え、正真正銘のパートナーになった。

自分の腕の中で、香が穏やかな寝息をたてて眠っているのをみて、嬉しくて眠れなかったのを思い出す。

あれからはもう、寝ても覚めても、香、かおり、カオリ、である。

家でも外でも、隙あらば絡んで、ちょっかいを出して、ハンマーを落とされる・・・ということを繰り返している。

日課となっていたナンパなんて、する暇もないくらいだ。



「りょおっ!!そんなに引っ付かれたら、掃除ができないでしょっ!!」

ついさっきも、階段の手すりを雑巾掛けしている香の魅惑的なヒップに手を伸ばして(ミニスカートなんぞ履いている香が悪い!!)ピシャリと、その手をひっぱたかれたばかりである。

「ふ~んだ。撩ちゃん、悪くないもんねぇ~」

俺としては、家事なんて放っぽって、24時間カオリンとイチャイチャしてたいのに。あんなことがあった2人にとって、今は蜜月・・・と思うのは、自分だけなのだろうか?

「忙しいから」という一言で、完全放置されて、ベランダでふてくされていると、屋上へと上がる香の足音が聞こえてきた。どうやら、往復しているようだ。



・・・そういや、あれから洗濯物の量、増えたからなぁ(にやり)

俺のベッドで2人仲良く眠るのが当たり前となっているため、毎日シーツ等を洗うハメになっているのである。

しかも、寝るのが夜中・・・というか、空が白み始める頃・・・だったりして・・・(笑)

さすがの香もキツくなってきたのか、昨夜はついに「一人で寝る!!」宣言をされてしまい、客間へと逃げ込まれてしまったくらいなのだ。

(もちろん、数々のトラップをくぐり抜け、夜這いに成功したのは言うまでもぬわぁい!少々傷を負ったが、なんのこれしき!)

だが、夜中に発動させたトラップの数々の騒音のせいで、隣近所から苦情の嵐が来たのは事実で。向かいの悪友からは、朝一で電話があったくらいだ。

「撩!おまえ、ついにケダモノと化したのか!?あぁ、可哀想なカオリ。今、僕が助けに行くからね!!」

(もちろんパイソンを突きつけ、丁重にお断りしたが)


パタパタと響くスリッパの音を聞きながら、ちょっと考える。

・・・まぁ、その、なんだ。家事の負担を増やしているのは、半分は俺のせいでもあるわけで・・・。

ガシガシと頭を掻くと、「しょうがねぇな」と呟き、屋上へと上がっていく。

洗濯物を干すスイーパーなんて、格好悪い・・・なんて言ってられん。なにせ、今夜のお楽しみがかかっているのだから。


屋上へと辿り着くと、香は丁度大判のシーツと格闘しているところだった。

「・・・貸せよ。手伝ってやる。」

「・・・あんたがそんなこと言うなんて、雨か霰でも降るんじゃないの?・・・やめてよね。唯でさえ量が多くて乾かないんだから。」

ガックリ(x_x;)・・・日頃の行いが物を言う・・・ってか?

「ん~?ほら、洗濯物の量増やしてんの、半分は俺の責任だしぃ?それに、カオリンに倒れられても困るし♪」

ボボボッと赤くなる香。

「~~~っ!だ、だっだら、少しは自重しなさいよ!!このままじゃ、あたし過労で倒れるわよっ!!」

「だ、か、ら、手伝うって言ってんの。・・・買い物もつきあうから、これ干し終わったら、ちょっとだけお昼寝タイムな?」

香の手から、洗濯物を奪い取るとサッサッと干し終え、クルリと香と向き合う。ヒッ・・・と逃げ腰の香をかつぎあげると、意気揚々とリビングへと降りていく。


「やっ・・・やだやだ!!あんたと一緒になんて、恐ろしくて昼寝なんて出来ないわよっっ!!」

リビングのソファに香を抱き抱えたまま、ゴロリと横になったはいいが、このところの所業のせいか、香がジタバタと暴れて逃げようとしている。

「・・・今は、本当に昼寝だけ。ただ、お前とくっついて寝てたいだけなの。・・・たまには、いいだろ?」

チラリと上目遣いで俺を見やる香に、苦笑いする。

「ほんと~に、何にもしないから。」

やっと信じてもらえたのか、ふぅっと香の身体から力が抜け、俺にすり寄ってきた。

「・・・おやすみ・・・」

リビングには暖かい日差しが差し込み、眠気を誘う。

こんなに穏やかな時間を与えてくれる香に感謝しながら、すうすうと寝息をたてている香の額にキスを一つ落とすと、俺も瞼を閉じたのだった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若干(かなり?)撩ちゃんが壊れております。・・・まぁ、我慢していた反動ですかね・・・?ナンパもせず、カオリン一直線な撩が、何となくかわいいなぁ・・・と思って書いてみました。・・・で、私的には、仲良くお昼寝している姿を、ミックがお向かいから激写してそうな気がします(笑)
関連記事
スポンサーサイト

【2013/10/14 22:30】 | How much is that time?
トラックバック(0) |


さき
初めてコメントさせて頂きます~!!
つい先日お邪魔させていただき、一気に読ませて頂きました!!

どのお話も凄く素敵で(>_<)!!
私は、とてーも胸がキュン♡とすると、手先が痺れる癖?があるんですが、こちらの小説を読むと、もう指先が痛いほどジンジンして、胸キュンしっぱなしなんです!!!!

これは報告しなくては!!
と思い、コメントさせて頂きました<(_ _)>
「How much is that time?」はもう切なすぎて!!
こういうの大好きです!!!!

香ちゃんやリョウの口調?も、原作にとても忠実でいらして、本当に原作の続きを読んでいるような、幸せな気持ちになれました。
すっかりこちらのファンになってしまいました(^v^)
これからも、更新楽しみにしております。
微力ながら応援しています~!!

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めてコメントさせて頂きます~!!
つい先日お邪魔させていただき、一気に読ませて頂きました!!

どのお話も凄く素敵で(>_<)!!
私は、とてーも胸がキュン♡とすると、手先が痺れる癖?があるんですが、こちらの小説を読むと、もう指先が痛いほどジンジンして、胸キュンしっぱなしなんです!!!!

これは報告しなくては!!
と思い、コメントさせて頂きました<(_ _)>
「How much is that time?」はもう切なすぎて!!
こういうの大好きです!!!!

香ちゃんやリョウの口調?も、原作にとても忠実でいらして、本当に原作の続きを読んでいるような、幸せな気持ちになれました。
すっかりこちらのファンになってしまいました(^v^)
これからも、更新楽しみにしております。
微力ながら応援しています~!!
2013/10/16(Wed) 14:19 | URL  | さき #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/16(Wed) 15:22 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。