CH2次創作サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あ~あ・・・せっかくのバレンタインなのにぃ~・・・」

ベッドに寝ている撩が、ため息をつく。

今日はバレンタインデー。本当なら、美樹さん達とキャッツでチョコの交換をする予定だったのだ。

「美樹ちゃんと~かすみちゃんと~かずえちゃんと~・・・ぐふふぅ~・・あとは、麗香にぃ冴子だろぉ~。撩ちゃんモテモテなのだぁ~~!!」

東京では20年ぶりの大雪に見舞われ、普段は騒がしい新宿も真綿に包まれたように白くなって静かだ。

撩はというと、珍しく風邪をひき、熱を出していたのだ。足下がふらつく状態なのに、チョコをもらいに出かけると言って聞かないので、香に簀巻きにされてベッドに放り込まれた所である。

「香ぃ~・・・か・お・り・ちゃん。このロープ、外してくれないかなぁ~~??」

猫撫で声で香に話かける撩だったが、即座に却下された。

「あんた、これ外したら脱走するでしょ?!外は大雪!!あんたは高熱!・・・こんな時に外に出歩くバカがどこにいるのよ。まったく・・。」

腰に手を当て撩を見下ろす香に、簀巻きにされた撩は、イヤイヤをするように身体をクネらせ首を振る。

「えぇ~~!!今日は俺のためにあるような日なんだぜ~~~っ!!この世のもっこりちゃんが、撩ちゃんを待ってるのだぁ~~!」

「こんな大雪の中、誰も歩いてないわよっっ!!」


ピンポ~ン♪


言い合う2人を止めるかのようなタイミングで玄関チャイムが鳴った。

「・・・こんな日に誰かしら・・・?」

2人が思いつく限り、玄関チャイムを律儀に鳴らすような知り合いは数少ない。

撩に部屋から出ないよう言いおいて香が玄関ドアを開けると、花柄が目に飛び込んで来た。ギョッとして離れようとすると、逞しい腕がぎゅっと香を抱きしめた。むせかえるような香水の匂い。

「香ちゃぁ~んっ♡お久しぶりぃ~~。ね、撩ちゃんいるぅ~?昨夜チョコあげようと思って待ってたんだけど来なかったから来ちゃったぁ~~♡」

玄関チャイムを鳴らした相手は、エロイカのママ。この寒空の中、雪に負けず劣らずの真っ白なコート羽織っている。

「あ・・・。居るのは居るんですが・・・・。」

簀巻きにされてベッドに寝かせてますとも言えず、香が返答に困っていると、ママがニンマリと笑って言った。

「あぁら、ゴメンなさいねぇ~。あたしったら野暮な事聞いちゃったぁ~♡そうよねぇ~~、今日はバレンタインですもの。この雪景色を見ながら、撩ちゃんとベッドで素敵な夜を過ごしたんでしょお~?」

あらぬ勘違い(妄想?)をしたエロイカのママは、必死に訂正をする香に、お店の子達から預かってきたチョコを押しつけるとあわただしく帰って行った。



その後かずえが来て、美樹と自分の分と言ってチョコをおいて帰った。香も、教授とミックの分のチョコをかずえに渡した。


「・・・撩の分、どうしようかな・・・?」

部屋からでて来ない所をみると、寝ているのかもしれない。グリーンのリボンをかけた小さな白い箱には、手作りのビターチョコが入っている。

そっと階段を登り、撩の部屋のドアを開けると簀巻きのまま撩は寝ていた。

汗ばんだ額に張り付いた髪をかき上げると、額の傷が見える。普段は髪を下ろしているために見えない傷は、海坊主との決闘の時に出来たものだ。その日から、お互いの誕生日プレゼントは生きて一緒に過ごすことになったのだ。

あれから、近づいたり遠ざかったりと、なかなか距離を縮める事が出来ない2人。

「・・・撩・・・」

小さな声で名前を呼ぶだけで、胸がきゅんとする。前髪をくるりと指に巻き付けながら、香は撩の額にそっと唇を押し当て、チョコをベッドサイドに置くと静かに部屋を後にした。



「・・・いつかの逆パターンだな・・・?」

香の唇が押し当てられた額を撫でて、撩は笑みをこぼした。こんな粋な事をしてくれるとは。

「・・・ホワイトデーは倍返しってか・・・?」

来月のお返しはどうしようかと、撩は今から楽しみだった。



後日、歌舞伎町に行った撩は、エロイカのママが流した噂に翻弄されるのであった・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バレンタイン、ぎりぎりセーフです。外は真っ白です・・・。帰り、遭難するかと思いました。大変な目に合いましたが、こんな景色は早々みれないので堪能したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【2014/02/14 23:55】 | 短編
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。