CH2次創作サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3333のキリ番、りかママさんリクエストです。大変お待たせ致しました。


 



「ねぇ、しよっか?」


俺の誕生日が前に舞い込んだ依頼がやっと片づき、午後のまったりとしたコーヒータイムでの香から発せられた一言。

緊張感から解放され、ボケた状態だった俺は目が点になった


・・・?は?なにをするんだ?


訳が分からない言葉に、思わず読んでいた愛読書から顔を上げて香を見れば、香は両手で頬杖をついてニッコリと笑っていた。

「・・・あ?なんだ?」

香の笑顔と言葉の意味が分からず、聞き返す。

「だから、しようって言ってんのよ。」

ますます訳がわからない。

「んで~?香ちゃんは何したいのかなぁ?」

取りあえず茶化してみるも、未だに香の意図が見えないのが気になる。

そんな俺をみて、香はくすりと笑う。
 
「・・・男と女がすることって、決まってるでしょ?」

合い向かいに座っていた香が、俺の横に来て、白く長い指で俺の太股をすうっとなで上げた。


「なっ・・・ばっっ・・・」


男を誘うような香の仕草に、思わず自慢のもっこりがピクリと反応する。

奥手で照れ屋な香が、『女』の顔をして迫って来ているのだ。

いったい何がどうしてこうなったのか訳がわからない状態の俺は、慌てふためく。

そんな俺をみて香はクスクスと笑いながら、ゆっくりと俺の胸にすり寄ってきて更なる爆弾を投下した。


「ねぇ、撩は『新宿の種馬』なんでしょ?だったら、これ以上言わなくてもわかるでしょ・・・?」



頭の中は真っ白で、言葉を発しようにも口をパクパクをさせるしかできない。

身体は言うことを聞かず、香にされるがままだ。

硬直状態の俺の胸を、香の指がなぞりあげる。


「っっっ!!!」


思わず声を上げそうになって、寸でのところで飲み込んだ。

目の前にいるのは香だ。だが、俺が知っている香とはまるで別人のような仕草と色香で俺を誘っている。真っ白になっている頭をブンブンとふり、幻覚かとおもい、目をこする。それほど、いつもの香とはかけ離れていたのだ。

戸惑う俺。そんな俺の気持ちなんて知らないとばかりに、香の腕が俺の首へと回された。

さらにパニックになる俺の耳元で、香が囁く。


「・・・今日はあんたの誕生日でしょ?だから・・・」


「※★*◆※◆※*!!」


・ ・ ・ 。

その一言に、完全にシステムダウンした俺。

バッタリとソファに沈み込んだ俺の顔をのぞき込む香。その顔は、先ほどの妖艶さは何処へやら。悪戯が成功したガキの様な、キラキラとした瞳があった。

「ふふふっ。ちょっとはどきっとしてくれたぁ?あんた、いっつもあたしに色気がないだのガキだの言うから、冴子さんと美樹さんに色々聞いて頑張ったんだからね♪」

その一言にガックリして、さらにソファへと深く沈み込む。

あぁぁ~~!?さ~え~こ~。美樹ちゃんも、勘弁してくれよぉ・・・(涙)

右手で額を押さえ、深く長いため息をつく。してやったり♪とご機嫌な顔の香をみて、ひとりドギマギしていた自分がこっぱずかしくなって、ガシガシと頭を掻いた。


・・・気にいらねぇ・・・

新宿の種馬の俺を、色仕掛けで騙そうなんざ、100年、いや1000年早いんだよっっ!!

反撃しようと、むくっと起きあがった俺。

「・・・おまえなぁ・・・」

言い掛けた俺の言葉を遮るように、頬に落とされたのは、香からの可愛らしいキス。

逃げるように俺の前をすり抜けようとした香の耳が赤くなっていたのは気のせいではないはず。

捕まえようと思えば捕まえられたのだが、去り際の一言のせいで手が出なかった。

小鳥が啄むような、可愛らしいキスに思わず頬が緩み、自然とその場所を撫でていた。


ん?なんて言われたんだって?しょうがねぇな。ちょっとだけ教えてやるよ。

「誕生日おめでとう。撩。これからもよろしくね。」

キスと一緒にもらった香からの一言。あとの言葉は、俺と香だけの秘密だ。


***************************
HAPPY Birthday撩!!りかママさまのリクエスト「カオリンからのアプローチでドキッと照れるリョウ」を書いてみました。リクエスト、ありがとうございました。書いていて、とても楽しかったです。拙い文章で申し訳ありませんが、少しでも楽しんでいただけるとうれしいです。

スポンサーサイト

【2015/03/23 22:54】 | 短編
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。